海外と国内では全然違うFX違いを知ってるといいことあるかも

FXの取引会社について考えよう

レバレッジが違えばどうなるか

次は取引会社の選び方です。
国内と海外でFXをするにあたって、かけられるレバレッジが大きく変わってきます。
レバレッジが大きく変わってくるとどういった違いがでてくるのでしょう。

国内の場合、25倍までしかレバレッジをかけられません。
海外の場合は平均400から500倍ものレバレッジがかけられるのです。
取引会社によっては1000倍なんていう会社もあります。

つまり、少ない資金で大きな取引が出来るレバレッジでも海外だとさらに大きな取引が出来るのです。
国内と海外で同じような利益を得ようとしたら国内FXでレバレッジ25倍で40000円のところ、海外FXはレバレッジ400倍だと2500円の証拠金ですむのです。
海外FXの方が少ない投資で資金が増やせていけるのです。

手始めに国内のFXをはじめてみる

証拠金が少なくて、利益が得られるのであれば、海外でFXするほうがいいのではないかと思われる方も多いかと思いますが、いいことだけではないのです。
国内の取引会社がたくさんあるのと同様に、海外の取引会社もたくさんあります。
外国語が堪能な方であれば、問題はないでしょうが、少しでも不安があるのであれば、やはり日本語対応可能な会社を選ぶべきです。

大事な自分の資金を預ける会社です。

よく分からないまま、預けて資金や会社が無くなってしまったり、連絡が取れなくなってしまったりしないように、慎重に選んでいきたいものです。

当然、国内の取引会社を選ぶときでも慎重に選ばなければいけませんが、国内の取引会社だとさほど違いは出ないようです。
初心者だとまずは国内の取引会社で手堅く始めてみるのがいいかもしれません。


この記事をシェアする