海外と国内では全然違うFX違いを知ってるといいことあるかも

聞いたことはあっても詳しくしらないFX

まずは基本のFXとはなんだろう

先ほども書きましたが、そもそもFXとはどういったものなのでしょうか。
FXとはForeign_exchangeの略で外国為替(外国為替証拠金取引)のことを言います。
外国の通貨を売買して利益を得ることをいいます。

では、FXの何がそんなに人気があるのでしょう。

通常、外貨を取引するのに取引会社に取引手数料を支払います。
外貨預金では1ドルにつき1円の手数料がかかってきます。
単純に1ドル100円として、手持ちの10000円をドルに替えると、100ドルになります。
ある日1ドルが101円になったとして、日本円に換金すると、10100円になるので100円の得だと喜んでしまいそうですが、1ドル1円の手数料がいりますので、結局取引手数料に100円ひかれるので、利益は出ません。
ただ、FXではその取引手数料を無料としている取引会社もあり、安くつくのです。

レバレッジをかけるとは

株とは違いFXは通貨を売買するので、値動きが小さいのも特徴です。
急に暴落したり、儲けが出たりすることはありません。
ただ、少額のお金で大きな取引が可能となります。
それがレバレッジをかけると言って、証拠金と呼ばれる自己資本金を担保として、その数倍から数百倍もの金額の大きな取引が出来ます。
レバレッジの上限は取引会社によって変わってきますが、10万円の証拠金でも10倍のレバレッジをかけて100万円の取引ができます。

レバレッジとは「てこ」という意味があります。
証拠金に「てこ」をかけるという意味で使われるようです。
ただしレバレッジをかけなければ、1万円の利益しか得られなかったものが、10倍のレバレッジをかけていると10万円の利益を得られるのですが、当然損失もレバレッジの分だけ大きくなります。


この記事をシェアする