外国と国内ではFXのレバレッジに違いはあるの?

海外と国内では全然違うFX違いを知ってるといいことあるかも

聞いたことはあっても詳しくしらないFX

国内と海外で行うFXのレバレッジの違いの前にそもそもFXとはなんでしょうか。 聞いたことはあるけれど、なんだかややこしそうだとか、損したら困るとか、そうした先入観がある人も多いでしょう。 そういった初心者のかたにもわかるように、まずはFXのことについて書いています。

FXの取引会社について考えよう

FXについてなんとなく分かった、レバレッジについても理解できた。 そうなったら次は国内と海外の取引会社について調べてみました。 国内と海外のレバレッジが違えばどれだけ変わってくるのでしょうか。 かけられるレバレッジが違うとはどういったことなのでしょうか。 気になりませんか。

慣れてくると海外FXの魅力にひかれるかも

まずは慣れるまで手堅く国内FXをするとして、でも慣れてきたら海外のハイレバレッジに魅力を感じる人も多いようです。 どっちの方が魅力的かは挑戦してみないと分かりませんよね。 始める前の少しだけ注意も書いています。 みんなに幸せになってほしいですから。

まずはFXの基本を知ろう

株とかFXとか外貨預金とか、なんだかよく分からないし、関係ないわって思っている方も多いのではないでしょうか。
私もその一人でした。
しかし、色々と調べていたら何も知らない方が損をするような事気がしたのです。
何も知らないからとか、損をするかもしれないしとか思っていて、まだ何も調べていない方はまずは初心者同士の話からしていきませんか?

そもそもFXとはなんなのでしょうか。
それに、国内とか海外とか、ましてやレバレッジやスワップポイントとか調べていくとどんどん分からない言葉が出てきます。
でも、分からないからと逃げないで一緒になんとなくでいいので勉強していきましょう。

FXとは簡単にいえば、外国の通貨を売買して利益を得る取引の事を言います。

それを国内の業者を使ってするか、海外の業者を使ってするか、どっちの方が便利かという話です。

国内でのFXを取引するのと、海外でFXを取引するのと何が違うのかという話になってくるのですが、そこにレバレッジの違いが出てくるのです。

では、レバレッジとは何だという話ですよね。

レバレッジとは簡単にいえば、少額の資金で大きな取引が出来ることです。
どういう事かというと、10万円で100万円の取引が出来るということです。
この、10万円を100万円で取引することをレバレッジ10倍と呼びます。
10万円で100万円で取引したと同じような利益を得られたらステキですよね。
ただし、利益が大きくなる分、損失も大きくなってしまうのです。

では、FXやレバレッジについてもう少し詳しく調べていってみましょう。